いばてがみ~水戸のハズレから徒然と~

えむひろが住む、水戸市や茨城の話題と日記など。そして、水戸ホーリーホックの話題も。

2015年10月

フルマラソン完走目標で自主トレーニング中。

交通系ICカード、10月1日より水戸市内路線バス使用可能エリア拡大

昨日土浦市では、毎年10月恒例の「土浦全国花火競技大会」が開催されましたね。
ご覧になった皆様、出品(打ち上げ)された花火はどうだったでしょうか?


花火(QVCマリン)

これは同じ花火でも土浦ではなくて、QVCマリンフィールドの花火ですが。
花火はいいですよね。
しかも土浦のは来シーズンの新作花火ですからね。
一度は生で観てみたいものです。


さて、今日の話。
首都圏では当たり前の光景でしょうが、路線バスに交通系ICカードでの
バス乗車。
ここ茨城の水戸はやっと、本格的導入になりました。
関東鉄道(本社:土浦市)は10月1日に水戸エリア・取手エリアの路線バスに
交通系ICカードの利用を開始しました。

http://www.kantetsu.co.jp/bus/pasmo_suica.html

2007年3月18日にJRバス関東の城東車庫~水戸駅線及び水戸駅~自由が丘~
常磐大学経由~赤塚駅線に交通系ICカード(導入当初はSuicaとPASMOのみ)
導入から今回の関鉄バスの導入によって、ICカード使用エリアが水戸市内の
南部(茨城町の一部)にも拡大したことになります。

BlogPaint
 ↑ 関東鉄道バスの前面乗降口側に交通系ICカードのステッカーが。
BlogPaint

やっとですよ。
正直待っておりました。自分の住むエリアからのICカードでバスに乗る
ということができることを。
ただし、同じエリア(路線上)を走る関鉄グループの関鉄グリーンバスと
高速バスは対象外ですから注意が必要。

関鉄グリーン 引き

関鉄グリーン IC不可ステッカー
 ↑ グループの 関鉄グリーンバスはICカードは対応していない。

水戸駅北口の6番のりばにはICカード利用開始の看板が立っていました。
車移動が中心の私にとっても、たまにはバス・電車移動もしたいところ。
今回の関東鉄道バスのICカード導入によって、水戸(自宅)から首都圏への
おでかけが交通系ICカード1枚(または携帯1台)で済むことになりました。

今日の昼に所用もあって、Suicaでバスを利用しましたが、改めて小銭いらずって
乗降をスムーズにしてくれるものですね。ストレスがありませんでした。

Suica画面

履歴には関東鉄道バスの文字が(表示できる文字数の関係で省略されたカタチ
ですが)。

一方水戸市の他エリア、北部・西部・南西部及び海側(大洗町)はどうなのか、
というと、こちらは関東鉄道ではなく茨城交通のエリアであり、茨城交通では
今月からではなく、再来月の12月1日からICカード利用開始となっています。




が…、




茨城交通では、「いばっピ」という会社独自のシステムで始めるそう。

http://www.ibako.co.jp/contents/newsrelease/2015/07/9720.html
(茨城交通HPより)

しかも、交通系ICカードとは相互利用ができないそうです。(泣)
まぁ、茨城交通の場合はコミュニティーバス及び高速バス以外の全路線が
対象らしいので、水戸市内以外の茨城交通バス営業全エリアでも使えると
いうことのようですが。

ということで、12月以降は水戸市内関鉄エリアと水戸市内茨交エリア及び
水戸・ひたちなかエリア以北への移動をICカードで済ませようとすると、
交通系ICカード(Suica・PASMO系)といばっピの2枚を用意しなくては
いけないということになるそうです。(汗)

平成27年9月 関東・東北豪雨 常総市について ~負けるな。常総~

今月の9月9日~11日に関東から東北地方にもたらした豪雨、

「平成27年9月 関東・東北豪雨」。

台風18号から熱帯低気圧に変わった低気圧と日本の太平洋沖を北上
していた台風17号により発生した線状降水帯によって甚大な被害を
もたらしました。

9月9日、気象庁は栃木県全域に数十年に一度の災害に発令される
特別警戒情報が発表されて甚大な被害が出たのち、下流域にある
茨城県にも10日午前7時45分に特別警戒情報が発表。

その発表前、常総市北部若宮戸地区にて越水が発生。
その後午後1時前に越水地点より南部の南石下付近の堤防が決壊。
常総市の広範囲に浸水被害をもたらし、その後、宮城県大崎市にも
大規模浸水を引き起こして大きな爪痕を残したのは報道のとおり。

私は、災害発生前までは仕事で毎日常総市内に仕事で入っていました。
大体の時間は午前8時50分から9時過ぎまでに配送先に荷物を届ける
ことになっていて、この当日も常総市の配送先に向かう予定でした。

状況も状況なので、当然ラジオで大雨の情報は常に入れていましたが。

「鬼怒川、常総市若宮戸付近で水が溢れるという報。
今から常総市に。川から常総線を越えた1〜2km南東方向の辺りだが、
そこまで約1時間はかかるので状況がひどくならないことを祈る。
7時50分過ぎ茨城県にも特別警報が発令とのメールが。」

SNSに投稿した文章。その配送先に向かう前の心境。
移動時間にはかなりの時間がかかるのはわかっていたため、越水の
状況によっては早い時間で配送先に到達すると予想された。
下手すれば、配送先に行けないならまだしも、自分が着いたときに水位が
上昇し、取り残されてしまう危険性もあったわけです。

再びSNS投稿。

「今、常総市。豊田城(注:常総市地域交流センター。当時の避難所の一つ。
一時期周りが浸水して一時孤立してしまった)近くだが、国道294号から
若宮戸方向へ向かう道は常総線の踏切が開かないで、渋滞。というか
動かない。水が近くまで来ているという事か。これからつくば方向へ。」

ちょうど配送先の配達が終わったあと。
状況は配送先で状況確認したことで分かりましたが、自分が着いた時には
ちょうどすぐ近くまで水が迫っていたことがわかりました。でも、私は無事
仕事を迅速に済ませて、次の配送先に向かいました。
配送先の人と「このままでは危ないかもしれませんね」などと会話していたら
その後、その施設は浸水してかなりの人数の方が取り残されたとのこと(
翌日全員無事救助)を自宅に帰宅後、ニュースで知りました。
私が配送に向かったのは大型のショッピングセンターのアピタ石下内にある
テナントでした。
そのアピタ石下も今日一部の再開にこぎつけたというニュースを聞いたとき
安心しました。
しかし、水につかった一階部分の全部はまだ復旧のめどは立たないとのこと。
一日も早い完全復旧を願うばかり。

決壊した堤防も2週間たって仮復旧してこれからが常総市復興が始まった
ばかりです。
改めて、被災された皆様にお見舞いを申し上げ、絶対に負けないでほしいと
思います。
私も何かお手伝いしたいと思っております。
そして、今日は守谷市乙子の交差点にて名古屋市からの被災地支援の
ごみ収集車2台とすれ違いました。
心の中で、感謝しながら…。


今日から本気でブログ再開しました。本腰入れて、ブログ更新頑張ります…。

livedoor プロフィール
投票ボタン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ blogram投票ボタン banner-wb
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード




mhh_banner100-100
  • ライブドアブログ